むすめとねことわたし

2015.7産まれの娘と猫との生活。シングルマザー。

寝る前。謎の儀式。

疲れている日は20時には

「ねんね」と、両手を揃えて方頬に寄せてのジェスチャーつきで、もう寝るアピールをしてくれる娘。

 

それほど疲れてない日は、ねんねしよっか、と誘うと「やー!あちょぶー!」と、積み木やおままごとを一緒にしてから21時には就寝。

 

今夜は後者だったようで、しばらく遊んだのちひと段落ついたのを逃すまい!と

「今日は誰と寝よっか」と投げかけてみる。

 

ソファには、おおきめの茶色い「くまちゃん」、パペットの「しまじろう」、寝そべり姿の「しろくまちゃん」、魔女宅のジジの小さな「くろねこちゃん」。

 

だいたいくまちゃんとしまじろうを両手に抱えてお布団へ向かうのだけど、今夜はその2人を私に持たせで、残りの2人を抱えて大所帯でお布団へ移動。

 

21時を回っていたので、スッと寝るかと思っていたのに、それぞれに向かって「ちゃんこ」して、なにやら真剣な面持ち。

 

目を閉じて寝たふりをしてると、変な間合いで私の頬にときどき「ちょんちょん」と触ってくる。

 

なにしてんだろ、と薄目を開けると、

 

各々の足や手やお腹や鼻先に、慎重に丁寧に人差し指で「、、ちょん、、ちょん」と触れている。

そして私の頬に「ちょん」して、またぬいぐるみの他の部位を「、、、ちょん、。ちょん」。

 

消毒か何かをしているのか?お化粧的なもの?彼女が何のつもりでそんなに真剣な表情をしているのかよくわからないけど、

消毒だとしたらその「消毒液」が私の頬ポジションなのか。。。

 

寝たふりを忘れて思わず

「。。ねぇ、なにしてるの?お母さんの、ほっぺから、なにが出てるの?」と聞くと、私が面白くなってしまってゲラゲラ笑ってしまう。

 

彼女は笑う私に少し満足そうに大人っぽく微笑むと、また仕事に戻っていった。

 

慎重に、やさしく、かるく、わずかに頬に触れるその人差し指に、また笑ってしまう。

決意。方針。

わたしは娘に恥じないように、背筋を伸ばしてかっこよくて素敵なお母さんになる。

隠さなきゃいけないことなんてひとつもない、まっすぐな、娘でもいたい。

 

優しい人に。強い人に。明るい人に。

 

これは、決意表明。

母であり娘でもある私の、決意表明。

 

温泉。海。

旅行を1日延期して、1日家でゆっくりしてその日は熱も出ず、ほっとして念願の旅行へ。

 

おじいちゃんとおばあちゃんとお母さんと車でお出かけ!という珍しい状況にはしゃいで、道中ほとんど眠らなかった。

2時間寝かせていく算段が外れた〜

 

お天気は良く、夏休み前ということもあって渋滞もなく、きれいな景色や珍しい食べ物を食べて、娘は大好きなソフトクリームも買ってもらってご機嫌だった。

 

ホテルのチェックインが14時だったので、ご飯を遅めに食べてからホテルへ行ったら、おじいちゃんと娘は部屋からの景色もそこそこに、すぐにお昼寝に。

 

いつもは12時から2時間くらいお昼寝をしている彼女、日にも当たったし疲れたよね。

なんていいつつも、母と私は窓から見える海や名物の温泉に入りたくてジリジリ。

 

起きて来た16時に、今日は海は諦めて温泉に入ろうか〜と、お風呂へ。

 

露天風呂、娘は何度か入っているけど、やっぱり大好きだった!

彼女にとってはあったかいプール、なんだろうな。

ぷかぷかとそこだけ白いお尻を浮かべて、母と私をいったりきたりさせてもらい、きゃー!と喜んでいた。

 

上がる時はいやー!と、床にぺたんとお尻をつけて拒否態勢に入っていたくらい。

 

毎日狭いお風呂に一緒に入ってるけど、ああいう広いところではだかんぼの娘を眺めるのって新鮮だったな。

水着の形に日焼けして、小さくて白くてぷりぷりのお尻にはまだ蒙古斑があって。

体型が私にそっくりだなぁなんて思いながら眺めてた。

 

脱衣所のロッカーの鍵をひとつひとつまわしたり外したりして、娘にとっては脱衣所はテーマパークなんだなぁと感心するくらい堪能していた。

空いていてよかった。

 

夕飯も、三分の一くらいはお座りしていたけど後半はぶらぶら何処かへ行ってみたり、おばあちゃんの手を引いて生簀を見に行ったり。

でも一年前よりずっと私は落ち着いて食事ができてるなぁと、父とビールを飲みながら感慨深かった。

去年も今頃同じように宿に泊まったけれど、ハイハイの彼女を追いかけていて何を食べたか覚えていないもの。

 

その夜はおじいちゃんとおばあちゃんとお母さんと並んでお布団に寝るのが珍しくて嬉しすぎて、いつもは遅くとも21時就寝なのに、なんと24時近くまで暗い部屋でおうたをうたったり、おじいちゃんの布団に進入したり、怒られて泣いたりしてた。

 

翌日はやっとの海!

抱いて入ってはみたけど「こあい〜」と、辞退して、しばらく砂浜であいちゅくにーむをつくって遊んだ。

なんだか夢のような、憧れだったような、光景だった。

時々、お父さんに肩車をされてる子供を見て胸を小さく痛めたりも、した。

 

その後ホテルのプールにも入り、こちらは子供用の小さな浮き輪で楽しそうにぷかぷか浮いていた。

 

熱も出ず、楽しそうでよかったね!と帰路につくとまたもや寝ず。。

うまくお昼寝ができなかったせいか、楽しかった旅行が終わって辛かったのか、その夜は私と家に帰ると久々に夜泣きが続いた〜

 

熱はなかったけど、なんとなく嫌な予感。

ヒヤヒヤしながら、思い出の写真を眺めつつ、抱っこでトントンゆらゆらしていた夜。

予約変更。ソフトクリーム。

旅行2日前に熱が出て、キャンセルか、片道2時間車移動だし、行ってゆっくりするかと悩んでいたけど

遠方に住む姉(6歳と2歳の男の子の母)に相談すると、「1日後に予約変更したら?」。

まだ夏休み前だし空きもあるんじゃない?と。

これには目からウロコで、さっそくホテルへ連絡すると、部屋が少しグレードダウンしてしまうけれど、可能とのこと!

わーい、てことで一日様子を見ることに。

 

朝には平熱に下がり、それでも食欲は6割、機嫌はいいけど、部屋でゆっくりしておこうというかんじ。

 

普段は保育園に預けている身からすると、二日間みっちり、いくらかわいい我が子とはいえ、密室2人きりは結構きつい。

 

おままごとからお絵描き、テレビを挟んでブロックに積木に。。。。飽きた!!!

 

熱も上がらないしお昼寝も早かったしと、早めの夕方に近くのショッピングモールへ小一時間買い物へ出た。

 

全ての買い物が終わって、今娘の中で一番キラキラしているもので締めることに。

 

それはアイスクリーム!(ソフトクリーム)

夏が近づくにつれ、Eテレ関連ではそのテーマの歌や小芝居の多いこと!!

 

それを見るたび娘は

「あいちゅむりーむ!」と目を輝かせ、一度どうしても収まらない時なんて、車でコンビニまでソフトクリームを買いに走った。

 

カップのアイスも常備してるけど(発熱の時の甘やかしように)どうもそれでは魅力が薄いみたいで、テレビに出て来る「コーンの上にうずまきの白いのがのってるやつ」が娘の言う「あいちゅむりーむ!」のよう。

気持ちはわかる。

 

そもそも甘いものはあまり与えたくないな〜と、一歳を過ぎてもなおおやつといえばボーロ、だったのだけど、ヘルパンギーナで何も食べられなかった時に、プリンとアイスを祈るような気持ちで食べさせたのがはじまりで。

その渦中では、食べてくれた〜!とほっとしたけど、その後も覚えてるよね〜、おいしかったもの。

それからというものちょいちょい食べさせてしまっているのだ。

主におばあちゃんとお出かけした時!

 

でも保育園お休みして3日目で、熱が続いて、ずっと部屋の中にいて、暑い日の夕方に、人が多いショッピングモールへ出かけて、ソフトクリーム、ってなんかいいよね。

と、マックのツイストを買ってカウンターの席に並んで食べた。

 

この間までベビーカーだったこの子と、買い物袋をカウンターに置いて、並んで一つのアイスクリーム(しかも娘がコーンを離さず、わたしにあーんしてくれてる)を食べてるなんて。。と、なんだかジーンとしてしまった。

 

さ!いこか!と店を出た途端、娘が私を振り返り「もいっこ?」と指を一つ突き出して聞いて来る。

 

もーおしまい!今食べたじゃん!と笑って、小さな手を繋いでお祭りのようなショッピングモールのなかを急いで帰路に着いた。

明け方のシーツ交換。出張

ここ2週間くらい熱も出さず絶好調だった娘。

4日後には海へ一泊する予定も組んで、晴れるといいなぁと天気ばかり気にしていたけど。

 

明日保育園へ行けば連休だ、という夜。

なんとなーーーーく嫌な予感がした。

なんなんだろうな、、なんとなーく。

ちょっとぐずり気味だな、とか、保育園の送りもお迎えも珍しく私と離れたがらなかったのも今思えばという感じで。

 

熱はなかったけど、翌日土曜日は病児保育もないし、私もどうしても外せない日帰り出張があったので、念のため、車で20分くらいのところのおばあちゃんに電話で明日もし何かあったら娘を頼めるかを聞いておいた。

明日は予定もないし平気、もし熱出てたら朝迎えにいくよと言ってくれた。ほ。

杞憂で終わるといいね。ばいばーい、といって電話を切り眠りにつくと。

 

明方の5時前くらいに、なんの予兆もなく突然もどした娘。咳とかもしてなかったのに。

軽くパニックになりつつも、一気に目を覚ましてシーツを取り替え、着替えさせて濡れタオルで顔と体を拭いて。

 

子供の不調、高熱も怖いけど、嘔吐は母へのダメージ大だな。そんなこと言ってちゃダメなんだろうけど。

 

もどしたあとは、ケロっとしてニコニコしている娘。おでこに手を当てると、熱はない。

クーラーが良くないのかな〜

でも消すと暑いしあせもも気になるしとまたゆるくクーラーをかけて眠った。

 

で、起きて熱を測るも平熱。

でも食欲はあまりない。機嫌はいい。

でも今日無理させたら旅行もあるしな。。と、おばあちゃんにヘルプをして迎えにきてもらい私は仕事へ。

 

念のためにと病院へ連れていってくれて、一応検査をしたり薬ももらってくれた。

その後は機嫌よく室内で遊んで、熱も出なかったみたい。

 

迎えにいくとご機嫌でほっとした。

でもいやにベタベタひっついてくるな。。と思ってたら、その夜は熱が9.2度まで上がって座薬。

 

明日はお休みだからゆっくりして、治るといいなー。

 

熱出しながらも、なにやらエンドレスに力一杯お歌を歌う娘がけなげ。

「かーえーゆーのーむーたーらー きーこーれーてーくーゆーよー ぐあ!ぐあ!ぐあ!ぐあ!

けれれれれれれれ が!が!が!」(かえるのうた)

 

 

保育園。送り迎え。

娘は、一歳になる前に一度保育園デビューしている。

こちらが物足りないくらいにすぐ慣れて、そして離婚のいろいろがあって保育園は1ヶ月と少しで卒業した。

その頃は東京だったし、いわゆる「保活」で私は妊娠前から色々調べたり、実際に何か所も見学に行ったりしていて、やっと入れたその保育園を、手放す時は、なんだか悔しくて悲しくて涙が出た。

頑張って入ったのにな。

娘も楽しそうだったのにな。

先生も良さそうな人ばかりだったのにな。

 

それから10ヶ月くらいのちに、今いる土地で、たまたま空きが出た今の保育園に入ることができた。

少し変わった保育園で、私はそこにとても入れたかったから、願いが叶っての保育園再デビューだった。

 

ここでも娘はすぐに馴染んで、見送りで泣いたのは最初の3日くらいで、あとは大好きなお友達や先生の元に一目散!

車の私にばいばーいとニコニコ手を振るのが常。

 

それどころかここのところは、園から帰りたがらず、というか、園で私も一緒に遊べと、迎えに行くと一目散に部屋の中へとはしゃいでかけていく。

追いかけっこを催促していることは目でわかるけど、でも、先生たちがちょっと驚いているような〜。。。冷や汗!

皆お母さんの帰りを心待ちにして、お母さんをみつけると飛びつくようにして帰っているのに、うちのこってば。。!

それだけ園が楽しくて安心できる場所なんだなーとも思うけど、でも、先生たちがあらぬ想像をしてないだろうかと、冷や汗!

 

大人って、というか私って、そんな時に周りの目を気にしたりしてるんだなと、また別の場所からそんな自分を見ていたり。

 

最近はそんなお迎えの光景に先生も慣れてきて「こらまて〜!」とひとしきり娘の追いかけっこに付き合ってくれたのち、かかえて私の元へ連れてきてくれていたり。

 

 

それが昨日と今日はなぜか、送りの時も私の足にぺたっと抱きついて10秒くらいしぶってた。

「めずらしいねー!」なんて先生達も言っていて、私も『どうしたのー!?』と言いながらもなんだか嬉しかったりした。

すぐに気を取り直して園内に入り、笑顔にはなるんだけど。

 

そして今日はお迎えの時も抱きついてきた〜!

 

「なんだか今日はお母さんが恋しかったみたいで」との言葉に、きゅ〜ん。

 

園が楽しいのも嬉しいし、お母さんと離れたくないのも嬉しい。

揺れる母心でした。

 

 

プール。ねこ。

保育園でプールがはじまった。

通っている保育園では、近くの市営プールに毎日通っての水遊びをすることになっていて、先日その初日だった。

どうだったかな〜とお迎えの時に様子を聞くと、

「すごかったよ!ずっとプールから上がらず、深いとこにもどんどんいってたし、大人の足の間でぷかぷか浮かべてもらったら「おお!」って、浮遊感を楽しんでたよ〜」

と教えてもらった。

 

いやだーって泣いたりせず楽しんでた様子を聞いてほっとしたのと、誇らしいような気持ちになった。

 

帰ってお風呂に入ると、もうすでに背中に水着の跡が!!!

この夏は真っ黒黒に焼けてたくましくなるんだろうなぁ。

 

 

夜、Amazonの荷物に緩衝材として入っていた藁半紙の大きな紙でお絵かきをしていたら、

いつもなら別の部屋で寝ている猫が、藁半紙のはしにでーんと寝転び、

娘のお絵かきをだらりと見ていた。

時折撫でながら、ありがとね、と幸せな気持ちになった。

 

猫と娘はミラクルなことに同じ誕生日。

猫の方が3歳お姉さん。

娘も大事だけど、いろんな時にいつもそばにいてくれているこの猫が、私は本当に大事。

娘にも大事に思ってもらえたら嬉しいな、と思う。

多少手荒なことはあっても、今のところ、いい関係でいてくれてる。

 

朝起きて、娘の足元に猫が寝ていることがたまーーーにあると、本当に幸せな気持ちになる。